閑谷学校の思い出

こんにちは。

スタッフの國重です。

ホームページのリニューアル以降、2度目のブログ。

日々の仕事のこと、建築めぐりやプライベートなことなどを更新していきたいと思います😊


そんな今日は、以前行った閑谷学校の思い出を綴ります。


閑谷学校は岡山県備前市にあり、約350年以上前に建てられた、庶民のための学校です。

竣工から350年経った今でも当時のまま保存されている歴史的な建築です。






備前焼の瓦で葺かれた重厚な屋根をケヤキの柱で支えた力強い外観。





当時のままの床材は人々によって自然と磨き上げられ、美しいツヤが光を反射していました。



講堂の外周には縁側が廻り、その半屋外空間は外と繋がり、とても清々しく感じます

雨戸も取り付けられるそう。


敷地外周は石塀が回っています。

敷地の植栽や芝生もきれいに整えられて、長い間大切に大切に保存されてきたことが感じられました。




シンプルな空間構成と、力強い構造、しっかりと歴史を纏った素材は

本当に美しく、圧倒されました。



なかなか自由に動くことが難しい状況が続いていますね。

早く事態が収束して、心おきなく旅ができる日が来ることを祈るばかりです。


スタッフ國重









広島 設計事務所 建築



最新記事
アーカイブ